FC2ブログ

乳歯が抜けない!矯正治療例(保隙例)

 近隣の歯科医院からのご紹介で来院された方です。
 かなりのでこぼこになりそうだ、矯正治療を考えたい、と言われていました。
下の口腔内写真、左が上顎の歯並び、右が下顎の歯並びです。

05504598-

上顎では犬歯、小臼歯が頰側(ほっぺた側)に出てきました。下顎では、小臼歯(4,5番)が露骨に舌側(ベロの側、内側)に萠出しています。

 下の口腔内写真、アルファベットが乳歯、数字が永久歯です。
 
05504598-2

 下のレントゲン写真、
乳歯と永久歯が重なって写っています。乳歯の歯根吸収が進んでいない部位があります。
犬歯や小臼歯が、はみ出てはえて来つつあるのは、先行乳歯が抜けて欲しい時期に、抜けなかったのが、一つの原因であろうと思われます。
05504598-4

 下の写真、
上段;初診時
次の段;約一年後
その次の段;そのまた一年後
最後の段;初診から5年後、の口腔内写真です。
05504598-3
 
 どのような矯正治療を行ったかというと、
ただ単に舌側弧線装置を装着し、乳歯を抜去しただけです。
積極的に永久歯に力を加えて動かしていく、という操作は行っておりません。
保隙のために舌側弧線装置を装着し、抜けていて欲しいが抜けずに頑張りすぎている乳歯を抜去したのみです。
萠出中の永久歯が本来持っている、本来の位置に移動しようとする自然な力に期待しました。

 下にレントゲン写真での経過を示します。

05504598-5.png

 第二大臼歯(7番、12歳臼歯)がある程度萠出した後に、マルチブラケット装置による第二期矯正治療を行おうという予定でしたが、これ以上の矯正治療を望まれませんでしたので、この後は、第二期矯正治療を行わないまま、経過観察、定期健診で来院して頂いています。



東広島市西条上市町6-23 なんば歯科矯正歯科 tel 082-420-0200
(矯正歯科、歯周病、小児矯正、ホワイトニング、審美歯科、顎関節症、歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群)
Copyright(C)Nanba Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】
プロフィール

nanbadental

Author:nanbadental
東広島市西条上市町
なんば歯科矯正歯科 
       です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR