FC2ブログ

銀歯がとれた(型をとったら)

 銀歯がとれた、と言って来院される方が多くいらっしゃいます。
銀歯(インレー、クラウン、ブリッジ)って、いったい何年持つのでしょうか?

 さて、今回の話題は、その銀歯が、診療室でとれてしまった、というものです。

右上に大きな虫歯が有り、その治療に必要なため、右下の型(かた、印象)をとりました。
で、その時に、型に、銀歯がくっついてきたのです。あらら、ここにも虫歯があったんですね。
銀歯(インレー)がとれる最大の原因は、二次カリエスといって、詰め物(銀歯)と歯の境界部分から虫歯が発症してしまう、というもの。人工物と天然の歯との境目は、汚れが貯まりやすい部位なので、虫歯になるリスクの高い所です。銀歯と歯の境界で、二次カリエスがある程度進むと、銀歯の維持力が低下して、何かのはずみにとれてしまいます。
たまたま粘着性のあるものが当たったり、たまたま爪楊枝でそこをつついたり、そういったときに外れることが多いようです。
INLAYTORETA-1

 その型に、石膏を流して模型を造ると、下の写真のようになります。
もちろん、ここの虫歯も治しました。

INLAYTORETA-2




東広島市西条上市町6-23 なんば歯科矯正歯科 tel 082-420-0200
(矯正歯科、歯周病、小児矯正、ホワイトニング、審美歯科、顎関節症、歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群、妊婦歯科検診)
Copyright(C)Nanba Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】
プロフィール

nanbadental

Author:nanbadental
東広島市西条上市町
なんば歯科矯正歯科 
       です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR