FC2ブログ

乳歯の受け口は、自然に治るのか?

 歯並びが悪いけれども、まだ乳歯だから、矯正治療はしなくても良い、と思われている方が、かなりいらっしゃいます。
もちろん、永久歯が生えそろってから矯正治療を開始することもありますが、出来るだけ早めに治療を行う方がよい場合も少なくありません。
 歯並び、かみ合わせが悪いと、気がつかれた時点で、歯科医院にご相談に行かれることをお勧めいたします。
低年齢での矯正治療は、歯並びをよくすることのみが目的ではありません。歯並びが悪いことによって起こってしまった顎のズレを修正する、これ以上顎がずれないようにする、将来はえるべき永久歯が、よりうまくはえるようにする、上手に噛めるようにする、などの目的があります。

 隣町の竹原から通われている女の子。
初診時、3歳、乳歯だけしかはえていません。
受け口さんです。ただ、上下の前歯の先と先を当てることができました。
機能性の反対咬合です。(下の写真、上段)実は、よくある歯並びです。あ、うちの娘の歯並びと似ている、と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
約5年後に来院された時の状態が、下の写真の下段です。
前歯、永久歯になっていますが、やはり受け口(下顎前突)さんです。

20662510097
 
 三歳の時点で、歯並びの問題点、その後の見込み、機能性反対咬合の不都合などについて、親御さんにご説明させていただいのですが、まだ乳歯だから、矯正治療はしなくて良い、というご判断をされました。
もしかすると、永久歯にはえかわるときに自然に治るかもしれないから、それに期待します、と言われていました。
 機能性の反対咬合の場合は、早めの矯正治療をお勧めいたします。
 下記のリンクをご参照下さい。
早めに矯正治療を開始したい例(受け口さんの例)
http://nanbadental.blog.fc2.com/blog-entry-222.html




東広島市西条上市町6-23 なんば歯科矯正歯科 tel 082-420-0200
(矯正歯科、歯周病、小児矯正、ホワイトニング、審美歯科、顎関節症、歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群)
Copyright(C)Nanba Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】
プロフィール

nanbadental

Author:nanbadental
東広島市西条上市町
なんば歯科矯正歯科 
       です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR