FC2ブログ

受け口さんの第一期矯正治療

 第一期矯正治療(早期矯正治療)で、何を治すのでしょうか?
矯正治療は、いつからはじめたらいいのでしょうか?
まだ永久歯がはえていないから、矯正治療はまだ開始しなくてもいいのでしょうか?

 受け口さん(下顎前突)の矯正治療例(第一期矯正治療)を例示します。

 初診時、6歳の男の子。
隣町の歯科医院よりの、ご紹介で来院されました。

永久歯は、下の前歯がようやく、少し出てきています。捻転していますけど。
他は、すべて乳歯です。
下の口腔内写真、上段が上顎の歯並びです。すべて乳歯ですね。
下の段、一本だけ永久歯がはえつつあります。
207465,8732-1

 下の口腔内写真、上段が初診時(6歳2か月)の状況、下段は、第一期矯正治療が一段落した所(8歳6か月)です。 
初診時(6歳2か月)、咬み込んだ時に、上の前歯が殆ど見えないくらいの受け口さんの状況でした。ただし、この方の場合は、機能性の反対咬合(下顎前突)の要素も有り、切端位の採得が可能でした(それも、早めに矯正治療を開始したい理由の一つです)。もちろん、骨格性の下顎前突の要素も、それなりにある患者さんです。
8歳6か月時点では、すでに切歯はすべて永久歯に生え替わっています。
207465,8732-2

 さて、下の写真です。
左側が、初診時。右側は、第一期矯正治療が一段落した時点での、側貌の写真です。
顔立ちが劇的に変わっているのがお判りいただけるでしょうか?
第一期矯正治療(早期治療)の目的の一つは、これです。
207465,8732-3
上顎急速拡大矯正装置、セクショナルアーチ、前方牽引装置、床装置、などの矯正装置を使用しました。

第一期矯正治療(早期矯正治療)で、何を治すのでしょうか?
  歯並びのみならず、今後の顎骨や顔貌などの成長が、望ましくない方向へずれないようにすること、今まで、ずれて成長してきた部分を、できる限り早めに是正すること、それが第一期矯正治療の大きな目的の一つだと、考えます。

矯正治療は、いつからはじめたらいいのでしょうか?
  ケースバイケースですが、早めの治療が望まれることが、少なくないと思われます。

まだ永久歯がはえていないから、矯正治療はまだ開始しなくてもいいのでしょうか?
  問題があれば、早めに対処する。火事は小さいうちの方が、消火しやすい。




東広島市西条上市町6-23 なんば歯科矯正歯科 tel 082-420-0200
(矯正歯科、歯周病、小児矯正、ホワイトニング、審美歯科、顎関節症、歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群)
Copyright(C)Nanba Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】
プロフィール

nanbadental

Author:nanbadental
東広島市西条上市町
なんば歯科矯正歯科 
       です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR