FC2ブログ

親知らずを抜くとき 虫歯で痛い、歯肉が腫れた

 左の奥歯が痛い、歯肉の調子が悪い、ということで来院された女性です。
下の口腔内写真、8番が、親知らずです。
上の親知らずは、頭がなくなり、根っこだけになっています。
下の親知らずは、ほぼ、真横を向いて、前の歯に突き当たっています。(青矢印)
歯磨きが難しいようで、プラークが沢山付着しています。(赤矢印)
5番、第二小臼歯ですが、かみ合わせがすれ違っています。(クロスバイト、buccal cross bite,交叉咬合)

7085302-1

 下の写真、レントゲン写真ですが、
赤矢印、上顎の第二大臼歯(7番)、大きな虫歯が出来ています。咬(か)むと痛い、といわれていますが、もしかすると、歯の神経が死んでしまって、根っこの先に炎症が起こっているのかもしれません。もちろん、歯肉の炎症もありますので、それが原因で、咬(か)むと痛いのかもしれません。
黄色矢印、下の親知らずがほぼ水平に傾いているのが分かります。当然、この親知らずは抜歯が望ましいと思われます。
紫矢印、下顎7番の根尖に病巣があるようです。これも、咬むと痛い、という症状が出そうです。

7085302-2

 さて、下顎の親知らずを抜きました。
単純に引っ張るだけでは、前の歯にぶつかって抜けませんので、分割しています。
下の写真、左が親知らずの頭の一部分、右がそれ意外の部分です。二分割して親知らずを抜いています。
黄色矢印、真っ黒になっている部分ですが、歯石がかなり付着していました。

7085302-3

 上顎の親知らずも、いずれ抜歯しておくのがよいと思われます。おそかれ、はやかれ、トラブルを起こす可能性があります。歯石の除去、歯周病の治療、虫歯の治療、感染根管治療など、すべきことが山盛りです。頑張って、治療していきましょう。





東広島西条上市町6-23 なんば歯科矯正歯科 tel 082-420-0200
(矯正歯科、歯周病、小児矯正、ホワイトニング、審美歯科、顎関節症、歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群)
Copyright(C)Nanba Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】
プロフィール

nanbadental

Author:nanbadental
東広島市西条上市町
なんば歯科矯正歯科 
       です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR