FC2ブログ

早めの矯正治療が望まれる例(でこぼこの歯並び)

 前歯がでこぼこしているので、矯正治療の相談をしたい、ということで来院されました。
9歳の小学生です。
いつから矯正治療を始めるのが良いのか、意見を聞きたい、と質問されました(保護者の方が)。
息子さんの場合は、すぐ始めるべき、と私は答えました。

 さて、下の口腔内写真、上顎の歯並びです。
青矢印の様に、前から2番目の歯が、右も左も、内側に生えています。このでこぼこ(がたがた、叢生)を、お母様は気にされていました。患者さんご本人は、何とも思っていません。
150318-2

 下の歯並びの写真、正面から見た所です。
黄色丸部分ですが、側切歯(前から2番目の歯、上の口腔内写真の青矢印の歯)の噛み合わせが、本来の噛み合わせと違っているのがお分かり頂けるでしょうか?本来であれば、上の歯が、下の歯より外側になければいけないのですが、この男の子の場合、逆になっています。逆被蓋、クロスバイト、といいます。

 さて、このような場合、どのような不都合が起こりうるでしょうか?
まずは、見た目が悪い、というのがあります。
そして、でこぼこの歯並びですから、歯磨きが難しく、むし歯、歯周病(歯肉炎)になりやすい、ということもあります。
そして、もう一つ大きな問題。
このようなクロスバイトの場合、下顎をずらして噛んでしまう、ということが、かなりの確率で起こっている様です。つまり、顎がゆがむ可能性がある、ということです。
緑矢印、それぞれ、上下の歯列弓(歯並び)の真ん中を示しています。
このお子さんの場合、下顎を左にずらして、噛んでいるようです。
 このように顎をずらして噛んでいるお子さんの場合は、食事に時間がかかる、固いものを好まない、あまり咀嚼せずに飲み込んでいるようだ、等ということがよくあります。そもそも、顎をずらして食物を噛んでいると、食事が美味しくないのではないかとも思います。
これは、望ましい状態ではありません。極力早めに、このクロスバイトを矯正治療し、本来の顎の位置で噛めるようにすべきであると思われます。早めの矯正治療が望まれると思います。
永久歯に生え替わってから矯正治療する、などと暢気に構えている場合ではなさそうです。


150318-1





東広島市西条上市町6-23 なんば歯科矯正歯科 tel 082-420-0200
(矯正歯科、歯周病、小児矯正、ホワイトニング、審美歯科、顎関節症、歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群)
Copyright(C)Nanba Dental Clinic. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】
プロフィール

nanbadental

Author:nanbadental
東広島市西条上市町
なんば歯科矯正歯科 
       です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR